安曇野 引っ越し 検索ダイレクト











引越し侍は、全国の引越し業者の中から、ランキングや口コミを参考に、自分にピッタリの引越し業者が見つけられる『引越し比較・予約サイト』です。引越し内容を入力して、対応可能な業者の見積もり金額やサービス内容をネット上で比較、そのまま予約までできる、業界初※の『引越し予約サービス』を提供しています。
また、料金相場表はオプションサービスの料金を含んでおりません。引越し条件によって変動するため、実際の料金とは異なる場合があり、あくまで目安となります。






「ズバット引越し比較」の最大の特徴は面倒なガスや水道、電気など公共料金の住所変更の手続きを無料でやってもらえるサービスでしょう。
全国220社以上から最大10社からまとめて見積もりをとれます。
また見積もりを申し込む前に「引越し料金相場シュミレーター」で平均引越し額が分かります。
期間限定豪華プレゼントキャンペーンをやっています。

※1:引越し業者によって、サービスの内容や数量が異なります。詳しくは見積もり時に各業者に直接ご確認ください。
※2:「最大50%安くなる」とは、各引越し業者から当サービスの利用者に対して提示された、見積もり金額の最高額と最低額の差が最大50%であることを意味しています(2011年8月実施の利用者アンケートより)。






テレビCMでおなじみの大手引越し業者から、地域に密着した業者まで全国100社以上から条件に合う引越し業者を厳選紹介!単身や家族など引越しの規模などにより、お得な業者は異なります。
ライフスタイルにあった業者をネット見積もりでしっかりチェック!!LIFULLだけのお得なプレゼントやキャンペーンも実施中!

独立などで引越しが確定した場合は、電話回線とインターネットの引越しの手はずを整えることも済ませておきましょう。早いところ予定を組んでおけば、引越しが完了してからたちどころにライフラインともいえる電話とインターネットを繋げることができます。
都道府県外への引越しの相場は、時季や位置関係等の色々な項目に左右されるため、精通している人並みの知見がないと、領得することは厳しいでしょう。
アパートメント等の高層フロアへ転居するケースでは、戸建て住宅と比べて、料金が上がります。エレベーターで荷物を運べるかどうかで、追加料金が発生したりする引越し業者もたくさんあるでしょう。
重量のあるピアノはピアノ運送を専門に扱う業者にやってもらうのが、利口な方法だと考えます。確かにそうですが、引越し業者に申し込んで、ピアノの移送だけ重量物運送会社に来てもらうのは、煩雑です。
大多数は急ぎの引越しを要請しても、特別料金などは要求されないでしょう。かと言って、引越しの金額を値切ろうとする方法は完全に不向きです。

ウェブ上での一括見積もりは、引越し料金が劇的にお得になる他にも、細部まで比較すれば、状況に合致する引越し業者があれよあれよという間に探し出せます。
近頃、気軽な引越し単身パックも改良を加えられていて、めいめいの荷物のボリュームにフィットするように、バラエティに富んだサイズのBOXが準備されていたり、遠く離れた転居先への運送でも問題ないプランも人気があるみたいです。
整理するための段ボールを有料にしている会社は実在しますし、引越し日から数日後の使わない物の廃棄処理にもお金を取ることも、頭に入れておいて損はありません。結局は、全部を合計したお金を比較し、リストアップしてみて決めるのがベターです。
もちろん、買ったエアコンを今後も使いたいと目論んでいる世帯は、念頭に置いてほしいことがあります。小規模の引越し業者も、一般的に壁掛けのエアコンの引越し代は、例外なく別物として扱われているのです。
あなたが単身引越しの支度を進めているとすれば、段ボール数は少なめだという可能性が高いでしょう。なおかつ短時間で済む引越しになるのであれば、確実に金額は下がります。

低価格な「帰り便」の難点としては、予測できない工程だということから、引越しが何月何日になるか、また朝イチかどうかなどは、引越し業者に決定権があるということです。
引越ししたい人は、可能な限り多くの業者をネット上で一括比較し、お得な料金でスムーズに引越しを行いましょう。いっぱい比較することにより、値段の最大限度と最小値の開きをつかめるのではないでしょうか。
数万~10万円以上と、意外と大金がかかる引越しは、重要課題。料金の差はマックスで倍になる場合も結構あるらしいので、比較を慎重にした後で選択しなければ損を見るおそれがあります。
一家での引越しの相場が、大なり小なり分かったら、優先順位を満たしている二社以上の業者に割引して欲しいと伝えることにより、ビックリするくらいの相場以下の金額で了承してくれることもあるので、言わないと損しますよ。
移動距離が短い引越しが上手な会社、遠い所への引越しを好む会社などにカテゴライズされます。順番に見積もりを作成してもらう段取りでは、非常に無駄な労力を費やすことになります。

















PAGE TOP