北本 引っ越し ベストサポーター











引越し侍は、全国の引越し業者の中から、ランキングや口コミを参考に、自分にピッタリの引越し業者が見つけられる『引越し比較・予約サイト』です。引越し内容を入力して、対応可能な業者の見積もり金額やサービス内容をネット上で比較、そのまま予約までできる、業界初※の『引越し予約サービス』を提供しています。
また、料金相場表はオプションサービスの料金を含んでおりません。引越し条件によって変動するため、実際の料金とは異なる場合があり、あくまで目安となります。






「ズバット引越し比較」の最大の特徴は面倒なガスや水道、電気など公共料金の住所変更の手続きを無料でやってもらえるサービスでしょう。
全国220社以上から最大10社からまとめて見積もりをとれます。
また見積もりを申し込む前に「引越し料金相場シュミレーター」で平均引越し額が分かります。
期間限定豪華プレゼントキャンペーンをやっています。

※1:引越し業者によって、サービスの内容や数量が異なります。詳しくは見積もり時に各業者に直接ご確認ください。
※2:「最大50%安くなる」とは、各引越し業者から当サービスの利用者に対して提示された、見積もり金額の最高額と最低額の差が最大50%であることを意味しています(2011年8月実施の利用者アンケートより)。






テレビCMでおなじみの大手引越し業者から、地域に密着した業者まで全国100社以上から条件に合う引越し業者を厳選紹介!単身や家族など引越しの規模などにより、お得な業者は異なります。
ライフスタイルにあった業者をネット見積もりでしっかりチェック!!LIFULLだけのお得なプレゼントやキャンペーンも実施中!

コンビの引越しというシチュエーションだと、典型的な運送品のボリュームであれば、おおまかな、引越し業者に支払う金額の相場は、1万円札3枚から10枚程度とみておけばよいでしょう。
Iターンなどで引越ししようと思ったら、すぐに済ませておくべきなのが、一般化した「訪問見積もり」です。対面せずに電話越しに見積もりをはじき出してもらっただけの場合、早合点してしまうことも否めません。
新しいインターネット回線の開通申請と、引越し業者の申し入れは普通は、同時にするものではありませんが、本当は著名な引越し業者の中には、ネット回線も扱っている会社がけっこう散見されます。
次回の引越しの際は、少なくとも2社をオンラインで一括比較し、リーズナブルな料金でサクサクッと引越しをしてしまいましょう。しっかり比較することにより、金額の上限と最も安い引越し料金の開きを見つけられると言われています。
荷物が多くない人、独立して自分の荷だけ持っていけばいい人、引越しする転居先で、巨大な家電を設置する計画を立てている人等にちょうど良いのが、気軽な引越し単身パックではないでしょうか。

当たり前のことですが、引越しに最適な日に力を貸してくれる方が何人いるかにより、見積もりのお代が増減しますから、確実なことは営業担当者に打ち明けると良いでしょう。
最初に引越し業者に見積もりに来てもらう事で、引越しの運送品の量を的確に捉えることが可能になるため、それを運べるだけの移送車や人を準備してもらえるのです。
現場の工数をそれなりに推測して、見積もりに含む方式が大半です。けれども引越し業者を調べてみると、運び出しや移送に費やした時間で判断したあとで、時間単位、分単位で価格を決定するスタイルを採っています。
少なくとも2社以上の見積もり料金を頂いたら、十分に比較し、悩みましょう。ここで各々の願望に応えてくれる引越し業者をざっくりと選出しておくのが賢明です。
普通、引越し業者の2tトラック等は、戻る際は何も積載していないのですが、引き返すときも別の引越しの荷物を運ぶことにより、スタッフ代やガソリンの費用を安くあげられるため、引越し料金を安くすることが可能なのです。

1人だけなど荷物の嵩が少ない引越しを実行するなら単身パックを利用すると、引越し料金をかなり下げられます。ともすれば、1万円札2枚で引越しをお願いできるでしょう。
現在使っているエアコンをムダにしたくないと考えている世帯は、留意しなければいけません。中規模のの引越し業者も、大方壁掛けのエアコンの引越しのサービス料は、総じてオプショナルサービスとなっております。
仮の話として、幅を取るピアノの引越しを引越し業者にやってもらった場合、人並みの距離での引越しのケースでは、大体4万円前後が相場だとされています。
住宅情報誌などで見かける「訪問見積もり」というのは、引越し業者に訪ねてきてもらい、運送品の量や駐車スペース等を調べてもらったのを踏まえて、どれくらいの料金になるのかを、細かく示してもらう行動となります。
大手の引越し業者も運搬時間が長い引越しは交通費がかさむから、すんなりとディスカウントできないのです。丹念に比較した後で引越し業者を決定しなければ、お得な引越しはできなくなります。

















PAGE TOP